本気で始めるダイエット

お腹が空いても大丈夫!ダイエット中の空腹を紛らわせる5つの対策

投稿日:

お腹が空いても大丈夫!ダイエット中の空腹を紛らわせる5つの対策

食事制限による空腹との戦いは、ダイエット中の一番の試練とも言えるほどの辛さがありますよね。

ダイエットを成功させるために避けては通れない道ですが、しっかりと対策を立てて根気強く行えば、決して不可能なことではありません!

この記事ではダイエット中の空腹を紛らわす対策をまとめてみたので、ダイエットを頑張っている人、挫折しがちだけど今度こそ頑張りたいという人は、参考にしてみてくださいね。

 

ダイエット中の空腹はこれで紛らせよう!

お腹が空いても大丈夫!ダイエット中の空腹を紛らわせる5つの対策

ダイエット中の空腹を紛らわせる対策にはいろいろなものがありますが、ざっくり言ってしまえば、「食べても太らないものを食べる」・「空腹だったことを忘れる」に大別できると思います。

そしてそれを行うことで同時にダイエットをより効率的に進められるような点を重視して、ピックアップしてみました。

 

ガムをかむ

咀嚼(そしゃく)することは満腹中枢を刺激するため、よく噛んで食べるのがダイエットに効果的だという説は耳にしたことがあると思いますが、そのほかに胃腸の働きを促進する効果もあります。

空腹時におやつを食べたくなったら、まずはガムを噛んでみるのはどうでしょう?

また、食後のデザート代わりにガムを噛むのも消化吸収の促進につながるのでおすすめです。

 

おやつ代わりに味噌汁を

空腹状態を長く続けるのは却って太りやすいというデメリットもある(詳しくは次項で解説します)ので、おやつを我慢しすぎるのは良くありません。

「でもおやつ食べたら太る!」と不安な人は、太らないおやつを食べれば良いのです。

たとえば味噌汁はどうでしょうか?

味噌には豊富な善玉菌が含まれているため、腸内活動を活発にして便秘解消に役立ってくれますよ。

ちなみにおやつとしての味噌汁は具なしが理想的ですが、低カロリーの野菜や豆腐を入れてかさましをすればお腹もしっかりふくれると思います。

 

白湯を飲む

白湯(ぬるくしたお湯)は空腹を紛らわす時の飲み物として最適です!

体があたたまって血行が良くなるため、お通じ改善やデトックスにもつながります。

いつも水を飲んでいるタイミングで白湯を飲むようにすると、水よりもお腹が膨れる感じが分かると思います。

白湯は内臓にとって低すぎず高すぎない温度の50度前後が良いとされているので、お湯を一度沸騰させてから人肌より暖かいくらいまで冷まして飲むと良いですよ。

 

食べる回数を分ける

1日3食が基本の人は、それを1日4食や5食に分けてみるのはどうでしょう?

1日に食べる量が同じでも、小分けに食べれば空腹を感じる時間が減りますし、こまめなエネルギー補給は血糖値を安定させるので空腹を感じにくくします。

1回の食事の量が少なくなれば消化吸収にかかる負担も減るので、疲れにくくもなりますよ。

しかしだからといって何でも食べて良いというわけではないので、あくまでもダイエット中であることを考慮して低カロリーの食事を心がけましょう。

 

軽い運動をする&早く寝る

空腹を感じてきたら、気分転換を兼ねて軽い体操やストレッチを行うのも良いです。

エネルギーを必要としていない場合でも脳が「空腹だ」と錯覚してしまうこともあるので、気を紛らわすことは本当の空腹かどうかを見極めることにもなります。

適度な運動は脂肪燃焼にも効果を発揮してくれるので、ダイエット中に取り入れて損はないですよね。

また、夜遅くに食べるのも内臓に負担をかけるのでダイエットに適していません。

遅くとも夜10時以降は食べないようにし、強い空腹を感じる前に早く寝てしまうのもひとつの対策です。

早く寝たり睡眠をたっぷりとることは腸内活動を健全に保ったり、美容にも良いのでやってみましょう。

 

ダイエット中の空腹時にやってはいけないこと

お腹が空いても大丈夫!ダイエット中の空腹を紛らわせる5つの対策

空腹を紛らわす方法には、できそうなものがありましたか?

それでは反対に、ダイエット中の空腹時にやってはいけないことや注意すべきポイントもご紹介します。

 

空腹状態を続けるのは逆効果

空腹状態が続いた後で食事をすると血糖値が急上昇し、その血糖値を下げるためにインスリンが大量分泌されます。

インスリンはエネルギーとして脂肪を溜め込む働きをするため、太る原因となってしまいます。

食べないことはダイエットにつながると考えている人も多くいますが、健康面でも支障をきたすのでやめましょう。

前項でご紹介したような、太らないおやつを食べたり食事回数を分けるなどして、空腹状態を長く続けないようにするのが肝心です。

 

甘いものもたまには良いが、甘いものから始めない

空腹状態を長く続けないことやストレスを溜めすぎないためには、時には大好きな甘いおやつを食べることも大切です。

しかしここで肝心なのは、食べる順序です。

糖質の多いものを一番最初に食べると血糖値が上がって、先述のようなインスリンの急上昇が起こります。

これを防ぐためには、食物繊維や低カロリーのもの、血糖値を上げにくいものなどを食べてから、本当に食べたい甘いおやつなどを食べると良いでしょう。

食物繊維を取り入れると便秘解消にも役立ってくれるので一石二鳥ですね。

血糖値を上げにくいかどうかを判断するには、「GI値」(炭水化物が糖に分解されるまでの速さ)を参考にすると良いです。

また、アーモンドのようにGI値が低くてもカロリーが高い食品もあるので注意が必要です。

以下の食品はGI値が低くカロリーも低いのでおすすめですよ!

  • 寒天
  • 茎わかめ
  • こんにゃく
  • 豆乳
  • ところてん
  • フルーツ全般

 

ダイエットの空腹は対策を立てて上手に紛らわせよう

お腹が空いても大丈夫!ダイエット中の空腹を紛らわせる5つの対策

ダイエット中のつらい空腹を紛らわせるには、太らないおやつを選んだり、空腹であることを忘れたり、食べる回数を増やしてそもそも空腹を感じる時間を少なくするなど、さまざまな対策があります。

いろいろと試してみてくださいね。

また、空腹の状態を長く続けると血糖値を急上昇させ脂肪を増やすという逆効果の恐れがありますので避けましょう。

空腹を紛らわせたり空腹にならないように対策をしながら、上手に付き合っていきたいですね!

また、「少しでも効率良くダイエットをしたい!」「痩せやすい体質になりたい!」という人には、腸内活動を活発にするシンバイオティクスサプリを取り入れるのもおすすめですよ。

デブ菌に負けない!エルフィングはこちら

エルフィング

あなたのダイエットがなかなか成功しないのは、腸の中にデブ菌がたくさん潜んでいるからなのかもしれません!

そんなあなたの強い味方になってくれる「エルフィング」は、デブ菌を増やして痩せ菌を増やすメカニズム・シンバイオティクスを採用したダイエットサポートサプリメントです。

効率よく腸内環境を整えて、健康的なダイエット成功に導いてくれる腸内ダイエットの強い味方になってくれます。

今ならお得な特別モニターコースのキャンペーンを実施中で、初回限定980円でお試しいただけるチャンス!

ぜひあなたもエルフィングをダイエットのサポート役に活用してみてはいかがでしょうか。

\ホンマでっかTVでおなじみ/
▼ 白鳥先生も大推薦 ▼

~特別キャンペーンは数量限定~

Copyright© 【辛口評価】エルフィングの効果や口コミ・評判は本当!?菌活でダイエット成功! , 2019 All Rights Reserved.