本気で始めるダイエット

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

投稿日:

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

ダイエットを必要としないような痩せ型体型の人でも、お腹だけがぽっこり出てる…というケースはよくあります。

また、加齢にともなう筋肉量の低下皮下脂肪の増加によってお腹に脂肪がつきやすくなったり、内臓が下に下がって下腹が出てくることも、女性にとっては避けられない道です。

このお腹の脂肪を落とすにはどのようにすれば良いのでしょうか?

バストやお尻など落ちて欲しくない部分の脂肪を落とすことなく、お腹だけの脂肪を効率的に落とす方法をご紹介します。

 

お腹の脂肪を落とすにはインナーマッスルの強化や有酸素運動がおすすめ

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

お腹が出てくると老けて見えるだけでなく、女性らしい体型に欠かせない「くびれ」にも影響してきます。

体型維持のためにも筋トレを続けている人もいると思いますが、より効率的な筋トレを知っておく必要があります。

特別な器具が必要なわけではなくすぐに始められますよ!

 

腹筋よりはインナーマッスルの強化を!

お腹の脂肪を落とすのには腹筋が良いとされていますが、腹筋は腹直筋という表面的な筋肉を鍛えるのにすぎないため、ぽっこりお腹の解消にはあまり効率的ではありません。

お腹の脂肪を落とすにはドローイン(お腹を引っ込めて30秒耐える)腹式呼吸など、インナーマッスルを強化する筋トレを行う方が良いです。

インナーマッスルを鍛えれば内臓を支える役割も高まるため、脂肪燃焼と内臓下垂防止の両面からアプローチできます。

お腹を引っ込めるだけなら時や場所を選ばずできますし、同時に胸を張るようにすれば姿勢改善にもつながります。

代謝を上げるために筋肉量を増やすことは大切なので筋トレは積極的に行いたいですが、どちらかというと腹筋よりもインナーマッスルに目を向ける方がベターです!

 

有酸素運動は内臓脂肪を減らす

内臓脂肪は女性にはつきにくいとされていますが、高カロリーの食事が多かったり運動不足が高じると若い女性でも溜まってしまうこともあります。

目安としては、お腹周りが90センチを超える人は内臓脂肪が溜まっている可能性が大です。

しかし内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすいとされているので、思い当たる人はこちらから減らすことを考える方がより効率的かもしれません。

内臓脂肪を燃焼させるのにはウォーキングやジョギング、体操、水泳、ヨガなどの有酸素運動が効果的だとされていますし、そもそも溜め込まないような低カロリーの食事を心がけることも欠かせません。

 

運動で効率よくお腹の脂肪を落とすためのポイント

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

運動は脂肪を燃焼させるのにもっとも効果を発揮しますが、運動を行うタイミングに目を向けたり、運動するにあたって脂肪燃焼させる準備をしておくとより効率的になります。

ここではそのポイントをご紹介します!

 

炭水化物・糖質制限をする

エネルギーとして燃焼されるのは糖質が一番最初で、次に脂肪という順番で行われます。

炭水化物(消化されて糖質になる)を控えめにしたり甘いものを抑えることによって、脂肪が燃焼される時間が増えます。

糖質制限という下準備をしてから運動をすれば、運動によるダイエット効果をより高めることが期待できます。

 

朝食前に運動する

空腹時にはそれ以外の時よりも脂肪燃焼が効率的に行われることを知っていますか?

空腹時に運動をすると、エネルギーとして消費できる対象が体内に蓄積された脂肪になるためです。

朝ごはんの前に軽い運動をするとか、たとえば通勤時に30分以上のウォーキングをしてから会社で朝食を食べるというプランも良いかもしれません。

とはいえお腹が空きすぎている状態だと逆効果になることもありますので、あまり長時間は続けないようにしましょう。

 

腸内環境を整えるのはお腹の脂肪を落とすのにも効果的

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

ぽっこりお腹の原因は脂肪だけではなく、実は腸のむくみによっても起こることがあります!

腸のむくみは腸内環境が悪化していることが原因のため、まずは腸内環境を良くすることから始めてみませんか?

「酵素ダイエット」や「腸内ダイエット」などが人気なように、腸内環境の改善はダイエットの基本でもあります。

善玉菌が含まれる食品や食物繊維をよく取るようにしたり、シンバイオティクスサプリを取り入れるのもおすすめです。

また、便秘がちな人は腸に便が溜まっていることが原因でぽっこりお腹になっているかもしれません。

下腹をやさしく揉んだり円を描くようにさすったりなどのマッサージをして、便秘解消をしましょう。

 

お腹の脂肪を落とすには運動・食事・腸内から効率を高めよう

お腹の脂肪を効率よく落とす! ぽっこり下腹を改善する方法

痩せ型の人もぽっちゃりの人も、共通して抱えていることが多いのがぽっこりお腹です。

女性は30代以降から筋肉量が減少してお腹が出やすくなってくるため、筋トレをしながら筋肉量を維持し、内臓下垂を防止することも心がけましょう。

脂肪燃焼にあたってはお腹を引っ込めるドローイングは気軽にできてインナーマッスルを鍛えられますし、くびれができたり姿勢も良くなったりして女性らしい体のライン作りにつながります。

お腹だけでなく太ももやウエスト周りなど下半身にお肉が集中している人は、下半身全体アプローチできるスクワットもおすすめです!

また、筋トレや運動を行うタイミングを考えたり食事制限で効率アップを図るのも大切ですし、腸内環境改善からアプローチできることもあります。

特に短期間でお腹の脂肪を落としたい人は、筋トレと有酸素運動を組み合わせること、さらにそれと並行して食事にも気をつけることが必要ですよ。

Copyright© 【辛口評価】エルフィングの効果や口コミ・評判は本当!?菌活でダイエット成功! , 2019 All Rights Reserved.